嫉妬の化身 全話見れる動画配信サービス一覧!無料視聴期間でお得に視聴!

ここでは「コン・ヒョジン、チョ・ジョンソク」出演の『嫉妬の化身』のあらすじと動画が配信されているVODサービスをまとめました!いろいろなサービスがあり、どれを選ぶとお得なのか、一目でわかるようにしました。あなたに合ったサービスを選んで利用してみてください!

「嫉妬の化身」あらすじ

「男性乳がん」を患い、診断を受けた後も事実を受け入れられずに苦悩するファシンの姿は、とてもショッキングでした。

女性だらけの婦人科を訪れたり、正体を隠して入院するファシンが、男性としてのプライドを傷つけられたと自暴自棄になるのも当然のことでしょう。

そこで、病気の発見者として責任の一端を感じたナリは、ファシンの治療に積極的に協力します。診察に付き添う夫という建前で通院させることで、好奇の目から守ってあげるナリの健気さは、病気への偏見についてあらためて考えさせてくれます。

これまで嫉妬とは無縁で自信満々に生きてきたファシンが、病気と向き合いナリの優しさに触れるなかで、次第に恋心を自覚していく過程にも注目です。

「嫉妬の化身」動画の配信状況は?(2019.2.28現在)

こちらでは嫉妬の化身の動画配信サービスをまとめました。ここで紹介するサービスは映画だけでなく、国内ドラマ・海外ドラマ・アニメ・バラエティー番組など多くの動画コンテンツを配信しています。

 

また、この情報は執筆時点での情報となります。そのため、執筆以降で配信されていることもあります。逆に配信が終了している場合もあるため、詳細は各サービスでご確認ください。

配信について

  • PPV:月額別途課金することで視聴可能な動画。
  • 見放題:月額のみで視聴可能な動画。

以下の表はPPVを「P」、見放題を「見」と表記しています。

「嫉妬の化身」動画配信一覧(2019.2.22現在)
サービス名 配信 韓ドラ数 月額(税抜) 無料期間
FODプレミアム × 180作品 980円 登録月
U-NEXT × 818作品 1990円 30日間
Hulu × 70作品 933円 14日間
dTV P 263作品 500円 31日間
ビデオパス × 105作品 562円 30日間

動画配信サービスごとの特徴

映画をたくさん見ることができる動画配信おすすめサービスの特徴をまとめました!もちろん、韓ドラだけではなくて、ドラマ(国内外)、映画(国内外)、アニメ、バラエティ番組なども配信されています。詳細は各サービスをご参照ください。

FODプレミアム

・月額:888円(税抜)

・お試し無料期間:1ヶ月間
・見放題作品とPPV作品

・韓ドラ作品数:180タイトル

・ポイント:毎月1200円分支給(PPVで利用)

 

FODプレミアムはフジテレビが運営しているVODです。もちろん、フジテレビ系列のドラマ、バラエティ番組、アニメも観ることができますが、他局の作品も数多く見ることが可能です。

 

強みとしてはバラエティ番組やFODオリジナルドラマなどたくさん見ることができます。他VODではバラエティ番組の配信は少ないor全くないです。

 

FODプレミアムはこちら

U-NEXT

・月額:1990円(税抜)

・お試し無料期間:30日間
・見放題作品とPPV作品

・韓ドラ作品数:818タイトル(うち740見放題)

・ポイント:毎月1200円分支給(PPVで利用)

 

U-NEXTの特徴としてはPPV作品があることです。毎月1200ポイント給付があり最新ドラマ・映画などを見ることができます。

 

月額が他より高いですが、配信動画数は圧倒的に多いです。韓ドラに最も強いVODと言っても過言ではありません。

 

U-NEXTはこちら

Hulu

・月額:933円(税抜)

・お試し無料期間:14日間
・すべて見放題

・韓ドラ作品数:70タイトル

 

Huluは海外ドラマ・映画が強いVODです。国内ドラマでは独占配信を行うことも少なくないです。月額933円以外には何も必要ないためお手頃感があります。ただし、すべて月額で見れる分、面倒なPPVはありません。その分、配信動画数も他と比べると少なめです。

 

Huluはこちら

dTV

・月額:500円(税抜)

・お試し無料期間:31日間
・見放題作品とPPV作品

・韓ドラ作品数:263タイトル(うち見放題191)

・100円均一セールがある

 

dTVの特徴は月額500円という業界最安です。映画・ドラマ・アニメ・音楽など業界最大級12万作品から見れることができます。ドコモのためd払いができるためドコモユーザーにはおすすめです。PPVを含めると韓ドラの配信数もかなり多いです!

 

dTVはこちら

ビデオパス

・月額:562円(税抜)

・お試し無料期間:30日間
・見放題作品とPPV作品

韓ドラ作品数:105タイトル

・ポイント:毎月540円分支給(PPVで利用)

 

ビデオパスも安さが魅力です。dTVとライバルになるVODと言って良いですが、VODの部分だけ見るとdTVが良いです。しかし、ビデオパスにはTOHOシネマズとユナイテッド・シネマで映画チケットが割引されます。

 

ビデオパス

「嫉妬の化身」動画配信一覧(2019.2.28現在)
サービス名 配信 韓ドラ数 月額(税抜) 無料期間
FODプレミアム × 180作品 980円 登録月
U-NEXT × 818作品 1990円 30日間
Hulu × 70作品 933円 14日間
dTV P 263作品 500円 31日間
ビデオパス × 105作品 562円 30日間
  • P:PPV(1話毎に月額とは別に課金)
  • 見:見放題作品(月額のみで全話視聴可能)

まとめ

ここでは「嫉妬の化身」と韓ドラを配信しているサービスを紹介しました。dTVには無料期間があるために、お試しで利用してみてはいかがでしょうか?

 

月額費用重視のdTVがおすすめです。現状はdTVでしか配信がありません。月額のみで見放題作品がU-NEXTの次に多いですが、、、U-NEXTが圧倒的ですね!ただPPVも含めるとU-NEXTに負けない配信数となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です